四方山話


1.私のアトランタ

10/11 17:00 NHK 視点、論点 という番組で、篠山紀信さんが
”私のアトランタ”について話していました。

女流写真家といわれているが、スポーツマンも撮ります。
世界でも最高に鍛えあげた彼らの肉体は美しい。

男子百メートル、プレスマンの場所で、少し外れたスタートラインの
後ろの方にいたが、スタート前の選手達の異様な雰囲気を感じた。

選手によってそれぞれ異なる方法で精神集中を行うが、それは彼らが
人間から動物に変わろうとする儀式のようなものである。

動物になった彼らは、ゴールした後は抱き合ったり、涙をながしたりしながら、
また人間に戻る。

テレビでは感じられない、実際に見に行ってはじめて感じられることです。

といった内容でした。

じつは私も同じであろうような雰囲気を感じたことがあります。
今年の春、全日本室内テニス選手権の会場です。
金選手とラッセル選手の対戦がまさにそうでした。
対戦中の彼らは人間ではありませんでした。
その雰囲気が長い試合中ずっと続き、正直疲れました。
プロとはこういったものかと強く感じました。

世界のトップランナーの中で、紀信さんは強烈に感じたと思います。
私もそのような機会を多く持ちたいと思いました。



ハイタマン♀のスライスサーブ



戻る