グリオとメロコのおもしろ写真集

26.猫イグアナ


朝のウンチと食事の後、グリオはベランダのガラス戸の方へ行きました。
あっ、もしかしたら猫になるのかな?
そうです、ここ三日グリオは、留守中戸を開けてベランダにいたのです。
カメラはどこじゃ。


1.カリカリ

シールゴムに爪がかかります。
「うーん重い・・・錆ついとんかいな?
こりゃあ長いこと掃除してへんなあ、
ハイタマン♀、レールみがいといてや、
たのむでぇ。」














2.動いた

10秒後、1cm開きました。
「やっと動いた、蟻の一穴、イグアナの1cmや、
あいたも同然でっせ。」















3.開いた

グリグリグリーォ
「しゃれかいな、笑えんなー。」














4.通った

「♪ひーらいた、ひーらいた、
ベランダの戸ォーがひーらいた。
ひーらいたとおもたら
あっというまに
通り抜けるでぇー。」










5.抜けた

所要時間一分でした。
おーめーでとおー
ごーざいまーす。
傘の上で一升マスまわってまっか。






6.ここが定位置

Haitaman「毛があったら猫じゃがな。」
グリオ「にゃん、にゃーん、こんなもんで
     どうでっしゃろ。」







この行動は、完全に繰り返して出来ます。
Haitamanの目の前で、二度やりました。
網戸の時の二枚戸も、前回開けました。
それでちょっと困ったことになりました。
夏場網戸にして外出出来ません。
つっかい棒を買ってこよう!
(1998.6.20)

戻る