94 みだれ髪     


金色のちひさき鳥のかたちして
銀杏散るなり 夕日の岡に (与謝野晶子)
銀杏て、いてふと書くんですなあ。
いにしえの頃習ったHaitaman好きな
一首です・・・などとのんきなことを
言っている場合ではない。

グリオ、メロコの頭に何すんじゃ。
ちったぁ加減せえよ。
何、夫婦のことはほっとけてか。
うっ、・・・今日はこのへんでかんにん
したる。
(解説:グリオが交尾の時噛みまくるんですがな。)
           
               (2000.01.16)















戻る