395 セキちゃんの朝食


朝の7:00過ぎ、
ツタヤにDVDを返しに行くと、
ゴミのところに何やらいる。

セキちゃんやんか。

ハクセキでんな。
ゴミはゴミであったらしい。

「他探そ。」
何やらくわえている。

美味そうでは無い。

セキちゃん「ほっといてんか。」
毛繕いは、かかさない。

「おっちゃんか。」

「いつもお世話になっとります。」

        (2009/07/18)

戻る