359 ゆすらうめ


朝外を見ると、糞と違う物が
乗っていた。

ヒヨドリのプレゼントかも知れない。
昼頃もまだあった。
絶妙のバランスで乗っている。

ベランダはゼラニウム真っ盛り。
これも楽しい。
彼らが持ってきた。

ベランダを食卓にしている親子。
左が母親。
・・・ガラス越しの風景。
木の実の出所を探したら、
近くのこの木に行き当たった。
「ゆすらうめ」である。
「山桜桃梅」・・・こんな字を書く。
綺麗な実を付けている。
しかし全体に、まだ早いようである。
幾つかもいできて食べてみた。
酸っぱい味が、子供の頃を
想い出させてくれる。
この時期、グミの実も定番であった。

下の、種が見えている実は、
ヒヨドリのせい。
証拠である。

ヒヨドリも、良いことをしてくれる。

       (2008/05/25)

戻る