332 貂々さんのサイン会と出版記念パーティー速報


2007/04/01
細川貂々さんのサイン会と
出版記念パーティー風景です。

本の題名は、「いろはにいぐあな」

撮影とレポートは、ジュラさんです。

後ろ姿は、いぐらさん。

いっぺんで、分かりますな。
「先生」ですな。
堂々たるものです。
良かったです。
貂々さんの爪には、
イグちゃんのネイルメイクがしてありました。

手の込んだケーキ。
食べられる印刷?ですな。
おめでとうございます。

Haitamanも買いにいこ。
後ろ姿は、IGGYさん。

分かりますがな。
いつもお世話になっております。

この本も、ベストセラーになるといいね。

             (2007/04/02)

ジュラさんのレポート(Haitamanの掲示板より)

貂々さんのサイン会は盛況でしたよ。
あんなに 暖かいサイン会は 初めてです。
渋谷は 40年前くらいには叔母のうちによく遊びにいって知っているんですけど ドヤ街とか恋文横丁とかあって・・・ へへへ
でも同窓会で1年ほど前にも来たけど 若者の街です。
駅から 道路が何本も放射状にでていろんなビルが立ちふさがって よくテレビで見るスクランブルの交差点で人がわーーーとわたって くらくらする街ですね。

先ず 5階で本を買って2階までの階段に並びます。
私は もうつくばから鼻息あらく絶対100人以内(先着100名なんです)に入るぞとIGGYさんとの待ち合わせも断って 張り切って早めに来ましたが 
それでも42番と43番でした。友達にも頼まれていましたので・・

サイン会って すいすい流れ作業とか思ったら なかなか先に進みません。私はその後のパーティのために普段はかない ヒールの靴を履いてきたので
「うん、どうも脚が痛いぞ。こんなことならスニーカーにしとけばよかった。やっぱりつくばスタイルの格好ばかりしてると 
お出かけができなくなるな」などと情けないことを考えていたのですが、それもそのはず。
サイン会というより 3者面談という感じでした。

こういうサイン会でよく見かけるのは 次々サインしていってまあ 握手をするくらいですけど 貂々さんとツレさんの前に椅子があって 
サインいただく人はそこの座って おしゃべりできるんです!
貂々さんのサインもとても丁寧で本の購入者の名前とイグちゃんマグちゃんのかわいい絵も書いてくれるんですよ。

これは 後で貂々さんからお聞きしたんですが ツレうつを読んで勇気をもらったという方がたくさん 関西とか名古屋とかの遠方からもいらっしゃったとか・・・
そんな方たちが感激の面持ちで お二人の前に座って話していました。そんな話に 耳を傾けていられるお二人の誠実な人柄が サイン会に出ているのですね。

私といえば 今日は天気が良かったから イグサはお散歩からもどるの嫌がりましたとか言ってとったばかりの写真を見せる軽薄さでした。
でも 貂々さんの漫画が こんなに人々に暖かい絆をもたらすんだなと改めて感激です。

パーティー会場は 渋谷の若者の街を象徴するようなビルの4階にありました。
そこの テーブル脚がないのですよ。
天井からライトなどがついた飾りだながつるされて それにテーブルがつるされて ちょっと気に入りました。関係ないけど・・・・

その後のパーティーは 時間がすぎるのを本当に忘れました。本に出てくるイグアナメンバーが貂々さんツレさんを囲んでイグアナ談義です。
貂々さんの古くからのお付き合いの方々や編集者の方、出版社の方々とそれぞれの家にいるイグアナの話をしたりして腕の傷披露もしたし。
RUMIさんも 参加される予定でしたのに お仕事が忙しくて皆 残念がっていましたよ。
お仕事が一段落したときにでも ぜひこちらに来てくださいね。
すばらしいケーキ 写真をみればみなさんびっくりですが これが出たとき 皆息を呑みフラッシュの嵐でした。
貂々さんのファンのケーキ職人の方が作った作品ですが
本当に精密で 食べるのがもったいなくて でも切っていただいて食べました。おいしかった!
ちなみに私はいろはにいぐあなの「はに」の部分で いぐらさんがイグアナの絵のところにあたりました。
貂々さんの爪には イグちゃんのディスプレイがあってそれにもフラッシュです。可愛かったですよ。

楽しかったです。
貂々さん 本当にありがとうございました。
でも 今日の隠れた主役は お部屋でお留守番していたイグちゃんとマグちゃんでしょうか??ね、貂々 さん。
参加してたらケーキの前で「俺が主役だ!」とブンブン、ボビングしてたかも・・

戻る