273 腕枕


恒例「万年床映画シアター」のお客さんに
なったバジル。
お客さんは多い程、にぎやかでええもんですな。
にぎやかなぴーちゃんは、その辺でぱたぱたと。

この日の出し物は、「8マイル」やったか。

このところ怒濤の勢いで上映している。

評論は、・・・淀長さんに譲りましょう。
生きてればね。
世間でボロクソにけなされた映画でも、一寸でも
良いところを探し出してほめる。
「うーん、こんなほめ方もあったのか。」
という感動も一度ならず。
淀長節は、よくこぶしが効いておりましたな。




ところで腕枕のバジルは、
寝てしまったようです。

まあ昼寝をするために映画館に入る
セールスマンも、昔はいたそうですが。

お互い、ちょっと幸せ。
おまけ

コタツの中で微笑むバジル。

布団を綿入れに替えたりましてん。
温いで。

          (2004/01/18)




戻る