271 紋次郎


木の皮の爪楊枝をくわえて、
木枯らし紋次郎やっているぴーちゃん。

「あっしには、かかわりのねえことでござんす」
だらけだが、うん、食い物にはかかわりすぎておる
ぴーちゃんだな。

実はこれ、本当に爪楊枝なのです。

舌でせわしなく前後左右に動かして、
くちばしの中をきれいに掃除している。

くちばしの外の汚れは、Haitamanの服や
パソコンのキーボードになすり付けることに
なっており、キーボードの隙間には、うんちと
食べかすが詰まって、えもいわれぬ状態である。

とにかくきれい好きのぴーちゃんだが、
うんちだけは何とかせなあかんで。
バジルに習いに行くか。
この日はちょっと幅広の楊枝をくわえて。

頭が「木枯らし」で寒そうだが、毛生え薬は
止めた。
あれはお互いに、精神衛生上良くない。
まあ頭以外絶好調だから。


今虫をくわえて飛んできて、キーボードの
隙間に落とした。
「おまえ、嫌がらせしとんかぁ。」

                 (2003/12/31)


お礼
2003年最後の更新になりました。
生き物の輪の方々には、大変お世話になりました。
篤くお礼申し上げます。
来年も良い年でありますように。




戻る