251 タイ生き物編(ワニ)


思いも寄らぬタイ出張。幸運な休日に、シャッター押しまくり。
写真は、クリックすると大きくなります。

バンコク郊外のクロコダイルファーム。

ショーのステージですな。
周りの浅い水路には、ワニうようよ。
ワニ使いの師匠。

竹の棒みたいなもので操る。
ワニさん、フリーズ状態。
このフリーズは長時間続くのです。
あまりに動かないので、最初はハリボテかと思いました。

ワニ使いの弟子。

尻尾を持って、ステージに上げたり下ろしたり。
師匠と弟子とワニ。

「イルカに乗った少年」ソフィアローレン・・・古いなあ。
城みちる・・・こないだNHKでおっさんになってうととった。

これは「ワニに乗った兄ちゃん」
かなり危なそう。
水打ったステージを、ツーっと腹で滑っていって
ここでジャンプ。
ワニを飛び越えて着地。
お見事。

パカーン・・・ワニが口を閉じる乾いた音。
不気味でっせ。
頭も入れまんのや。

師匠は凄いわ。
ワニ抱っこの前置き。

ワニを水中に沈めて、抱く位置を決める。

弟子はまだ修行が足りんやった。
何度やっても失敗や。
師匠登場。

まあ師匠といえど何度か失敗の後、これだ。

デジカメムービーから取り出した迫力の一枚。
撮りながら背中に鳥肌が立った。
ワニの師匠「どんなもんじゃい。」

イグの師匠Haitaman「まっ参りました。」

トレビの泉いえワニの泉。

みんな口めがけてコインを投げるんだわ。
Haitamanの放った一枚も、見事入った。
又これるんやろか。

こちらはワニ池。

ステージと違って時間が止まったよう。

のんびりとした姿を見ると、グリオを想い出しましたよ。
ワニ泥棒で打ち首獄門のおっさん。
こんなに腕は太くない。

            (2003/08/12)

戻る