204 チャレンジ


タンス部屋(狭いの代名詞)の
小タンスの上でくつろぐバジル。

窓際の定位置の一つです。















急にそわそわし始めて、
上をしきりに見ていたが、



















やおら登った。

どこ行くねんな。



















目が真剣ですなあ。

バジル落ちなや。














レールの端から大タンスの上へ。




















天井に頭が届いた。

登ることを知らなかったバジルが、
チャレンジしています。

ここは、メロコが過ごした場所でした。

後は降りるチャレンジだな。
下り方は、まだ知らないのですよ。
まあそのうち覚えましょう。

          (2002/09/08)








戻る