アグニホートラ
(Agnihotra)

驚異のアグニホートラ効果

ホームページTOPへ

最強の磁場:
地場調整
蜜蝋蝋燭
アグニホートラ
縄文アグニ
ホートラのすすめ
縄文アグニ
ホートラの基本
縄文アグニ
図解実施法
縄文アグニ
器具と材料
不動明王
アグニホートラ
代替医療と
しての日本版
縄文アグニと
C60フラーレン
何故異変が
起こるのか
アグニホートラ
を始めよう
Agnihotra
開始直前
医療分野の
活用例
樟脳・乳香・松脂 驚異のアグニ
ホートラ効果
日本版を
開発した経緯
日々編・根源的な話 日本版の存在意義

建物が見えないほどの緑
右側の状態 左側の状態
「土壌の神秘」の記述は本当でした
 日々最も頻繁にアグニホートラを実施しているのは、青い屋根のオーディオルームです。窓の隙間から蔓がやけに入ってくるのは少し前から気付いていました。たまたま部屋を外から見てびっくり仰天しました。木と蔦で全く建物は見えませんが六畳二間の離れが二階建ての手前に存在します。
 「透視者たちは、植物がアグニホートラの大気の中で生育する時、不思議な現象が生じると言います。付近でアグニホートラの儀式がおこなわれている間、オーラ型のエネルギー場が植物から発生し、植物の周りに存続しているのです。このおかげで植物は生育と収穫との最高水準を維持できるわけです。この煙を吸いますと、煙は肺からすばやく体内の血液の流れの中に入り、循環系にすばらしい影響を与えます」土壌の神秘―ガイアを癒す人びと ピーター トムプキンズ、クリストファー バード春秋社より・・・・この部屋ができて35年ほど経過していますが、アグニホートラを始めた2008年末以前にこのように植物で囲まれた事は一度もありません。 これほど目に見える変化を起こす儀式、精神世界グッズ、エネルギーグッズetcは他に思い当たりません。周囲の人間に及ぼしている影響も、目には見えなくても凄まじいと考えられます。

土水火風の原理
 人類の未来の為に環境を改善しようと言う流れに逆らっている訳ではありません。環境問題を金儲けや政治の手段とし、結果的に生命が枯渇する環境をつくり始めている今の流れに危機感を感じています。お釈迦様はあらゆる命の源は土水火風であると説いています。大生理学者であり、自然科学者であるお釈迦様が説くこの原理はどのように時代が変っても 普遍だと思います。まだ使えるものを捨てて高価な省エネ家電に買い換え、台所から炎を無くし、ソーラパネルを屋根に取り付け、ハイブリッド車に乗り換えるのが国民の正しい選択で、国や企業は海外からCO2排出権を買い続けると言う義務を果たし、原子力発電所を増設したら100年後はバラ色の未来になっているのでしょうか?日本から遠く離れた場所で起こっている変化を頻繁に取り上げて、人類の危機と煽り続けているくせに、身近で心身が壊れた人達が激増している事実を見ようとしないのは何故でしょう?
(6年前からプリウスを愛用していますので、その良さは充分に理解しています)

 真面な気象学者は、地球の気候変動は太陽や海水温度の変化その他多くの要素が絡み合っている為に殆ど解明されていないと告白しています 。現在よりCO2濃度が高かった時代には、今氷に閉ざされている大地に緑が溢れ恐竜が闊歩していたのも事実です。温暖化のメリット、デメリット議論も今後必要ですが、今何よりも大きな問題は命の源である土水火風が生活環境からどんどん遠ざかっている事実です。人類が経験した事のない環境の中で心身の状態がどうなっていくのか早急に研究する必要があります。このままでは日本人の身体も心も壊れてしまうと結論が出た時には、土の上で落ち葉焚きが可能な都市環境を創り出す事が環境再生の急務となります。日本が率先してモデル都市を創りそのノウハウを世界に発信すれば100年後に世界は大きく変っている事でしょう。  

 お釈迦様は修行として火を焚く事は否定していますが、人々は身近な材料を燃料にして日々の調理等をしていましたから火を命の源の一つとしてあげています(本当はもっと広い意味で火の重要性を説いているのでしょう) 。古来より日本においても調理をし、暖をとり、灯りとし、獣から身を守り、祭祀や祭りで火を焚くなど、 暮らしに欠かせないものとして火は意識する事なく身近にあり続けました。分子の振動で調理をするようになってまだ僅かな年月しか経過していません。CO2削減と安全と言う理由で、火は悪で分子の振動は善と教え込まれて火の無い生活を送り、子育てをするようになって、今何かが大きく壊れ始めているのではないでしょうか。
上田昌文「火育」について・・・火を正当に評価している文章です。食や健康その他に関する記述も大変参考になります。
イゼナの社長ブログ・・・火に関しては当方と共通する考えを持っておられます。但しそれ以外の環境意識は当方のように天の邪鬼なものとは違い真面目です。

アグニホートラを続けて気付いた事
 3年近く アグニホートラを続けてきて、やっと土水火風の意味が見えてきました。お釈迦様が説き、山本空外上人が常に話しておられたという命の根元の意味は命の循環と言う事のようです。健全な土の上に自然や人が清らかな水を撒き、植物が育ちそれを食べて生物が育ち、それらの動植物を火で加工して人が食べ、育った人は生活の様々な場面で火を焚き、火はCO2と豊富なミネラル分を大気に放出しそれを風が運び、ミネラル分は雨と共に大地に降り注ぎ大地を肥やし、CO2と共に植物を育て・・・その循環が命の根元ではないかと気付きました。現代の生活はその循環がバラバラに断ちきられている為に様々な不調が現われていると考えられます。
※但し土水火風は地球そのものの営みでもありますから優しいだけではありません。大地が揺れ、土石流が襲い、津波や洪水が襲い、山や住居を燃やし、地上にある物を吹き飛ばす事もあります。そのように人がコントロールできない力を有しているものと上手に付き合う事で人は知恵や技術を身に付けます。つまり学習させる役割も果たしています。

 
Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板 E-mail